1. >
  2. >

一人ひとりの心に響く風景を届けたい。
自分の手で作り出す楽しさと応援される喜び。

下村 一樹さん/「風景を連れてくる」LandSkipサービス運営

はてぶ

小さい頃から、何もないところから自分で作る感覚がすごく好きだったと語る下村さん。大学時代に一度起業したあと、グローバルメーカーやコンサルティングファームを経て、下村さんが「風景を届ける」サービスを生み出そうと思い立った背景とは。お話をお伺いしました。

作ることが好き

北海道札幌市で生まれ育ちました。公園に囲まれていて、すぐ近くに森があるような自宅でした。

小さい頃は暗くておとなしい子供でしたね。運動も苦手で、唯一図工が好きでした。母親が木工デザイナーだったので、家に工房があって、切れ端の木材で剣みたいなのを作って遊んだりしていました。勉強も運動もできない自分に自信が持てなくて、人と付き合うのが怖いから、家にいる方が好きでしたね。

図工は、自分で何もないところから作る、何を作っても良いという感覚がすごく好きでした。図工の授業では、給食の時間までずっと食べないで作業をやって、先生に怒られるくらい。自分の好きなようにこだわり、作ることが楽しかったですね。

中学生の時に、自分に自信をつけたくて空手を始めて、打ち込みました。そこからだんだんと外向きになりましたね。

高校では特に何かに熱中せず、楽しく学生生活を過ごしていました。自分が何をやりたいか、みたいな目標はまだなかったですね。それもあって、大学受験では経済学部を選びました。ビジネスを学んでおけばどの世界でも通用するはずだ、と。母親も父親も、建築家であり経営者であり、デザイナーであり経営者であったので、昔からビジネスには興味がありました。

焦りと失敗、起業