【2月8日開催】福田秀世 写真展・トークイベント“Vivi e lascia vivere.” -思うままに生きよ。自分は自分、人は人-

化学の専門学校に関しては、私は正直、入った瞬間から「ちょっと違うかな」と思いました。でも親から高い学費を負担してもらって通っている学校なので、何とか卒業だけはしようと思いました。さぼることも多々あり、とりあえず友達に会いに行く、といった感じで通っていましたね。

就職に関しては、大阪のほうに出てみたいかなという気持ちがありましたし、せっかく化学の専門学校に通ったのだからそこを生かそうとも思い、その2つの条件を満たせる仕事を探しました。「どうしてもこの仕事をしたい」といった強い希望は、この時には無くなっていました。

そうして専門学校卒業後、私は、大阪にある医薬品の卸会社へ就職しました。薬品を大学や企業の研究室に卸しに行くと同時に、余った薬品を回収し、処理施設へ持って行く、という仕事でした。やり始めてすぐに「ちょっと違うかな」と感じたので、結局、この仕事は1年も持たなかったですね。

環境汚染に興味があったことは、いつの間にか忘れていました。本格的にそれをやるなら、やはり、大学へ行ってその後大学院へ行って、というような道順を踏まなければ、到底無理だと諦めてしまいました。

そこから仕事をいろいろ転々としました。一応、化学の専門学校を出ているので、それに関連した仕事は何かないかということで仕事を探し研究補助員や普通の営業職もやりましたしが、やりがいも無く、3ヶ月おきに転職をしていたような時期もあります。

次々といろんな仕事をやっていき、「何か違う」と感じるたびに辞め、また次を探して、そんな流れをずっと繰り返していましたね。2、3年はそのような感じで夢も無く過ごしていたと思います。今となっては、この時期に自分が何をしていたのかもはっきり思い出せません。

でもいよいよこの先どうしようかな、と考え始めた時、看護師をしている姉から、「ホームヘルパー2級という資格があるから、取るだけ取ってみたら」と勧められたんです。福祉の仕事に関しては、高校の時ボランティアで少しだけ関わったこともあったので、幸い、抵抗は全くありませんでした。ですから本当に軽いノリで、「じゃあやってみるか。他にやることないし」と思い、勉強を始めました。

半年後、無事資格を取得すると「資格もせっかく取ったことだし」と思い、福祉関係の仕事を探すことになりました。するとすぐに伊丹市にある社会福祉法人が見つかり、私は福祉の世界に足を踏み入れることになりました。

福祉の仕事の奥深さを知る

化学の専門学校に関しては、私は正直、入った瞬間から「ちょっと違うかな」と思いました。でも親から高い学費を負担してもらって通っている学校なので、何とか卒業だけはしようと思いました。さぼることも多々あり、とりあえず友達に会いに行く、といった感じで通っていましたね。

就職に関しては、大阪のほうに出てみたいかなという気持ちがありましたし、せっかく化学の専門学校に通ったのだからそこを生かそうとも思い、その2つの条件を満たせる仕事を探しました。「どうしてもこの仕事をしたい」といった強い希望は、この時には無くなっていました。

そうして専門学校卒業後、私は、大阪にある医薬品の卸会社へ就職しました。薬品を大学や企業の研究室に卸しに行くと同時に、余った薬品を回収し、処理施設へ持って行く、という仕事でした。やり始めてすぐに「ちょっと違うかな」と感じたので、結局、この仕事は1年も持たなかったですね。

環境汚染に興味があったことは、いつの間にか忘れていました。本格的にそれをやるなら、やはり、大学へ行ってその後大学院へ行って、というような道順を踏まなければ、到底無理だと諦めてしまいました。

そこから仕事をいろいろ転々としました。一応、化学の専門学校を出ているので、それに関連した仕事は何かないかということで仕事を探し研究補助員や普通の営業職もやりましたしが、やりがいも無く、3ヶ月おきに転職をしていたような時期もあります。

次々といろんな仕事をやっていき、「何か違う」と感じるたびに辞め、また次を探して、そんな流れをずっと繰り返していましたね。2、3年はそのような感じで夢も無く過ごしていたと思います。今となっては、この時期に自分が何をしていたのかもはっきり思い出せません。

でもいよいよこの先どうしようかな、と考え始めた時、看護師をしている姉から、「ホームヘルパー2級という資格があるから、取るだけ取ってみたら」と勧められたんです。福祉の仕事に関しては、高校の時ボランティアで少しだけ関わったこともあったので、幸い、抵抗は全くありませんでした。ですから本当に軽いノリで、「じゃあやってみるか。他にやることないし」と思い、勉強を始めました。

半年後、無事資格を取得すると「資格もせっかく取ったことだし」と思い、福祉関係の仕事を探すことになりました。するとすぐに伊丹市にある社会福祉法人が見つかり、私は福祉の世界に足を踏み入れることになりました。

福祉の仕事の奥深さを知る