1. >
  2. >

宴会の楽しい雰囲気をもっと多くの人に。
日本酒を飲むことを、あたりまえに。

大森 慎さん/日本酒アンバサダー

はてぶ

ネット通販の事業を行いながら、「日本酒アンバサダー」として日本酒を広めるために活動する大森さん。小さい頃から将来は独立すると決め、歩んだ半生とはどんなものだったのでしょうか。お話を伺いました。

宴会の楽しい雰囲気が好き

新潟県豊栄市(現:新潟市北区)で生まれました。小さい頃から、宴会が好きでした。もちろん私がお酒を飲むわけではありません。お正月などに親戚が集まり、お酒を飲みながら笑って話している楽しそうな雰囲気を見るのが大好きでした。早く大人になって、一緒にお酒を飲みたいと思ってましたね。

9歳の時に両親が離婚して、母と弟妹と暮らすことになりました。父は自分で商売をしていて、とても苦労していたそうです。母からは、「将来は安定したお給料をもらえるサラリーマンになりなさい、できるなら公務員になりなさい」と言われて育ちました。

ただ、私は父の血を受け継いでいましたし、サラリーマンになるよう言われ続けた反動もあったので、将来は独立したいと心のどこかでずっと思っていましたね。

中学生の時、バンドを始めました。周りの友人たちは人気の高いギターやベースを始めましたが、私はドラムを始めました。人と違うことをしたいという考え方が徐々に湧き出てきましたね。

高校生になると、地元のお寿司屋さんでアルバイトを始めました。家計を少しでも助けたいと思ったことと、働くならまかないが出て食費がかからない飲食店が良いという母のアドバイスがあったからです。

高校卒業後は、千葉県の大学に進学しました。サークルなどは一切見向きもせず、すぐに居酒屋でアルバイトを始めました。学生生活の大半をアルバイトをして過ごしました。

高校・大学の7年間のアルバイトを通じて、飲食店で働くことの素晴らしさを学んだとともに、宴会で楽しそうにお酒を飲む大人たちをここでも目の当たりにしました。やっぱりお酒の場って楽しいなって改めて感じましたし、その楽しい雰囲気を間近で見れることも好きでした。将来は自分で飲食店を開いてみたいと思うようになりました。

そこには日本酒がなかった