1. >
  2. >

人生にBefore/Afterを!
「短髪・体育会・ジャージが私服」だった
私だからできること。

三村 愛さん/トータルスタイルプロデュース事業経営

はてぶ

ファッション、メイク、ヘアチェンジで一日で別人のように変身させるトータルスタイルプロデュース、「シンデレラプランニング」を運営する三村さん。「このサービスに出会っていい人生になったな、と言ってもらえるサービスを作りたい」と話す背景には、ご自身に訪れた大きな転機のストーリーがありました。

短髪で剣道部、男の子みたいな女子高生

小学生の頃、「るろうに剣心」に憧れて、剣道を始めました。
もともと漫画やアニメが好きでしたし、どちらかというと人と違うことをしたいという性格だったんですよね。

「礼儀作法が身に付く」と、親も喜んでいたのですが、
いざ始めてみると、「臭い」「重い」「熱い(寒い)」と、すごく大変でした。
中学に上がる頃にはもう辞めようと思い、吹奏楽部やバレー部を見に行ったのですが、
小学校の友達に一緒に剣道部に入ろうと誘われたのを断りきれず、
結局再び剣道部に入ることになりました。

当時は身体が大きくて根暗だったこともあり、地味なグループにいましたね。
いじめられていた時期もあり、あまりいい思い出はなかったです。

高校に進学すると、今度こそ剣道を辞めて自由になろうと思ったのですが、
他にこんなことがしたいというものが見つかりませんでした。
そんな中、高校でも友達についていった練習で監督に気に入ってもらい、剣道部に誘われたんです。

さすがにどうしようか悩んだのですが、剣道を続けることに決めました。
何もなくダラダラしている自分より、スポーツに打ち込んでいる自分の方がいいと思ったんです。

ところが、高校は非常にスポーツが盛んな学校で、もんちっちみたいな短髪で、
一人称は「自分」でなければいけない、というとても厳しい環境でした。

そんな風に部活に打ち込んでいたこともあり、クラスでは男の子みたいなキャラクターでいじられていたんです。
プロテインを飲んでいた影響で筋肉質な体型になってしまい、
「クラスで一番彼氏ができなさそう」とからかわれることもありました。

自分でも、女の子らしくなるイメージが全然持てなかったんですよね。

提案されたコーディネートで知った、自分の可能性