デザインの力で世界を変えたい!
1人1人がミッションを持つ社会を。

佐宗 純さん/デザインの魅力を伝える

はてぶ

「デザインの力で世界を前進させる」というミッションをもとに、デザインの魅力を伝えることに取り組まれる佐宗さん。大学在学中から働くことに打ち込みながらも、社会人になってからは仕事をすることの意味に悩むことに。そんな中、自らの答えに行き着いた道のりとは?お話を伺いました。

好奇心旺盛で負けず嫌い、挑戦する人に囲まれた学生時代

千葉県市川市で育ちました。小さな頃から好奇心旺盛で負けず嫌いな性格でした。小学校から高校までバレーボールを続けながら、サッカー、少年野球や書道など色んなことに手を出していましたね。

高校のバレー部は進学校ながらも、県大会の常連校でした。高校では部活をやりながら軽音楽部でバンド演奏をしたり、文化祭で演劇の役者をしたりと充実した学生生活でした。

昔から全教科の中で英語が1番得意でした。初めは得意だったから勉強を続けていましたが、続けていくうちにもっと好きになっていきましたね。英語が磨けるということで、立教大学の経営学部国際経営学科に進みました。

進んだ国際経営学科は、留学生や帰国子女の学生も多く、授業はほとんど英語で進むものでした。高校の時に英検準一級を取ったこともあって英語には自信があったのですが、いざ大学に進んでみると全く敵いませんでした。大学1年生でアメリカに短期留学したのですが、25人の留学メンバーの中でまさかの最下位レベルでした。さすがに焦りましたね。(笑) それから、生来の負けず嫌いもあって本格的に英語を勉強して磨いてきました。

大学時代は英語だけでなく、授業の課題も大変でした。特にきつかったのは、実際の企業をクライアントに持ち、その会社から出される経営課題に対して半年かけてソリューションを提案する、という授業でした。国際経営学科ということもあって、その授業をロシア人や中国人などとチームを組んで取り組む機会もあって非常に大変でしたが、英語でビジネスを考えるということに対してすごく鍛えられました。

また、周囲には、在学中にドイツの会社にヘッドハンティングされて渡欧する先輩がいたり、教育分野で起業する先輩がいたりと挑戦する人に囲まれた環境でした。自分なりのミッションを持ってチャレンジしていて、尊敬できる、非常に魅力的な人達でしたね。

大学4年次にはKLab株式会社というソーシャルゲームの会社の事業開発部でフルタイムインターンとして約1年働きました。海外スタートアップの分析メディアを立ち上げたり、新規事業で海外とのパートナー交渉を担当させていただきました。とにかく仕事に打ち込むことが楽しかっ たですね。

授業やインターンに必死で取り組みながらも、友人と日本43県を旅したり、外務省のプログラムで韓国に行かせてもらったりと、非常に充実した4年間でした。

デザインとの出会い

シェアして応援