1. >
  2. >

「普通の人」にとってのヒーローになる。
フィリピン留学の変革に込めた、生きる意味。

中西 佑樹さん/フィリピン・セブ島の語学学校経営

はてぶ

フィリピンのセブ島にて、世界で通用する英語を学ぶための語学学校を運営する中西さん。プロ野球選手・ミュージシャンと夢を掲げながらも、人から与えられた夢に熱中できずに道を摸索する日々。そんな中、自ら生きる意味を考えて辿りついた答えと、海外での起業。「普通の人にとってのヒーロー」を目指す背景にある思いとは?

プロ野球選手からミュージシャンへの方向転換

私は大阪府東大阪市に生まれました。父が昔から野球をやっていたので、小さい頃からよく連れられて野球を見に行きましたね。小学3年生で野球を始め、強豪のクラブチームに入りました。将来はプロになりたいと思って練習や試合に打ち込み、キャプテンを務めて中学2年の時には推薦で高校の入学も決まり、結果にも恵まれました。

その後、中学3年の夏にチームを引退してからは、それまでがすごく忙しかった分、遊び始めるようになりました。ちょうど文化祭を直前に控えた時期ということもあり、友人に誘われてギターを練習し、「ゆず」の曲を演奏することになったんです。

いざギターや歌の練習を始めると、今までとは全く違う体験に、どんどん面白さを感じるようになっていきました。ギターを弾ける人が周りに少ないので、夜に市役所の前で練習をしていると同級生の女の子に話しかけられることもあり、自ら曲を作るようにもなっていきました。

すると、文化祭が終わった後に、相方から「一緒に音楽をやらないか?」と誘われたんです。私は熊本の学校に野球推薦での進学が決まっていたため、卒業までの期間だけという条件付きで、音楽活動を始めました。ところが、実際に活動を始めてみると、どんどん音楽への思いは強くなっていきました。正直、野球が好きで好きで打ち込んでいるという状態でなかったこともあり、高校に入ってからも音楽をしたいと考えるようになっていったんです。

そこで、関係する方々に謝罪して推薦をお断りし、経済的にも迷惑をかけないようにするため、公立高校に合格できるよう10月から必死に勉強を始めました。そもそも勉強の必要性が無いと思っていた分、内申書に相当足を引っ張られてしまいながらも、定員割れだった学校を狙って受験し、学区内の上位校に進学することができたんです。奇跡のような展開でした。

高校に進学してからは、授業が終わると路上に歌いにいく日々。スポーツからはきっぱりと離れ、ライブを開いたりオリジナル曲を作ったり、精力的に活動していきました。大学受験の影響もあり、勉強の習慣はできていたものの、自分は音楽をしているのだから勉強をする必要はないと考え、卒業後は音楽一本でやっていくことに決めました。路上ライブをしているところを新聞に取材されたり、ストリートミュージシャンが出演する全国放送のテレビで演奏したりするなど、本格的に音楽の道に進んでいきました。

与えられた夢が無くなり、危機感が募る日々