女優・鼓奏者として、自分の表現を追求する。
後悔しないため、夢を追いかけて見えたもの。

木田 ゆきのさん/女優・和楽器奏者

はてぶ

女優としてドラマや映画等に出演しながら、歌舞伎囃子住田流名取として、鼓(つづみ)等の和楽器奏者としても活躍する木田さん。5歳で和楽器、7歳で初めて舞台に立ち、自分の身体を通じた表現の追求に没頭していく日々。不安を抱えながらも上京して夢に挑戦する木田さんが歩んだ道のりとは?お話を伺いました。

舞台で見つけた、表現の楽しさ

私は愛知県名古屋市で生まれ育ちました。祖母が伝統芸能の師匠であることから、生まれた頃から家では長唄や三味線の音色が、子守唄代わりのように鳴り響いていました。私自身は3歳から長唄、5歳から三味線を始め、日本の芸能に触れていくようになりました。その後、他の和楽器も習った方が芸の幅が広がると祖母に薦められ、9歳から歌舞伎囃子住田流にて鼓・大鼓・太鼓を習い始めました。

そんな祖母の影響からか母も表現をすることが好きで、娘と何か一緒にしたいと考えていたらしく、私が7歳の時「名古屋市民ミュージカル」という舞台のオーディションに連れて行ってもらいました。気付けば母と一緒にオーディション会場にいた、という感じで状況をあまり理解していなかったのですが、合格通知を頂き2人で舞台に立てることになりました。それが初めての舞台でした。

そのミュージカルは結婚式をテーマにしたドタバタコメディで、私が演じたのはわがままな子どもの役。踊ったり走り回ったり、元気いっぱいに演技をすることはとにかく楽しかったですね。母が傍にいてくれているのも嬉しかったですし、まるで日常に舞台があるような感覚でした。

それ以降、母と一緒に名古屋の劇団に参加させてもらい、色々な舞台に出演するようになっていきました。中には戦争がテーマの作品で、疎開し母親と離れる役を演じ、自分には苦しい内容もありましたが、演技への前向きな気持ちは変わりませんでした。舞台上で自分の身体と言葉を使って伝えることがとても楽しく、毎回没頭していました。

その後中学に進学してからは、またまた母が薦めてくれたNHK『中学生日記』のオーディションを受けることになりました。ただ、おてんばだった幼少期とは一転、友達から「体調悪いの?大丈夫?」と心配されるようなタイプになっちゃっていたんですね。なぜか。その外見でオーディションは緊張していたので、声が小さかったり、自己PRもままならなかったり、自分でもがっくりする位だったんです。そのため、合格通知を目にした時は本当に驚き戸惑いましたが、「映像の現場に行けるんだ!」ととても興奮しました。

実際に撮影が始まり、初めてスタジオに入った時、舞台とは全く違うピリッとした緊張感を感じました。舞台よりも空間が狭まり、スタッフ、演者の気持ちがより一点に集中する、という雰囲気でそれはとても心地よかったです。カメラ越しに何度か演技を繰り返し、いざ出来上がった作品を自宅で見る。舞台とは違う方法で作品を作っていく段階が楽しく、もっとやりたいなという思いが強まっていきました。

女優という夢を追いかけ、24歳で上京

シェアして応援