猫の殺処分ゼロの社会を!
自走できる保護猫カフェの仕組み。

河瀬 麻花さん/猫の殺処分をゼロにする

はてぶ

2022年2月22日までに、日本での猫の殺処分をゼロにするために活動する河瀬さん。ベーグルの通販ショップを経営している力を元に、ボランティアではなく、自走して継続できる形を提案しています。そんな河瀬さんにこれまでの歩みを伺いました。

就職せずにバックパッカーとして生きる

私は岐阜県大垣市で、大正時代から続くパン工場の家に生まれました。昔から、小麦を扱うお店ではネズミよけのために猫を飼っていたので、私の家にもたくさんの猫がいました。そのため、小さな頃から猫や動物が大好きで、道で野良猫と目が合えば拾ってくるような子どもでしたね。「お家がないのはかわいそう」と思ってしまうんです。

ただ、家で飼える猫には限りがあるので、私が拾える猫にも限界がありました。そのため、全ての猫を救うために、将来はムツゴロウさんのように「猫の王国」を作りたいと考えていたんです。しかし、成長するにつれて、現実的ではないと分かり、その夢は次第に薄れていきました。

また、私は好奇心の強い子どもでした。何でも一度は経験したいと思っていて、知らない場所に行ったり、食べたことのないものを食べることが好きでした。海外にも興味があり、高校生の時には夏休みを利用して、アメリカに1ヶ月ほどホームステイに行ったりもしました。

親も「やりたいことをやりなさい」と言ってくれていました。将来やりたいことはまだ分からなかったけど、とにかく新しいものに興味があったので、高校卒業後は色々な人がいる東京の大学に進むことにしました。海外にもたくさん行きたいと思っていたので、世界に近いことも魅力でしたね。

また、知らない世界に入り込むことができる映画が好きだったので、映像学科に進みました。そして、大学生になると、アルバイトをしてお金を貯め、長期休みには海外に行く生活を送っていました。

祖母と猫の生活を守るために家業のパン屋を手伝う

シェアして応援