自分が提供したもので笑顔を作り出したい!
パティシエの僕が求めるもの。

前田 峻行さん/ケーキを通して人を笑顔にする

はてぶ

高田馬場にて「Re:s cafebar&sweets(通称リスカフェ)」を経営する前田さん。有名洋菓子店、ディズニーランドホテルで腕を磨いた末たどり着いた、自分が本当に求めていたものとは?お話を伺いました。

小さな頃から商売が身近にあった

僕は埼玉県八潮市で生まれました。祖父は焼き鳥屋など色々な商売をしていて、父も魚屋を経営していました。自分の好きなことを仕事にしている父や、祖父の背中を見て育ったので、僕も楽しいと思えることばかりする性格でした。

逆に、周りからあれこれ言われるのは好きではなく、学校は苦手で休みがちでした。家でテレビを見たりゲームをしているか、祖父の元に遊びに行っていました。おじいちゃんっ子で、よくお店で手伝いもしていました。祖父はいつも笑っていたのが印象的でしたね。

父の魚屋も長期休みにはお手伝いをしていたので、商売は身近にありました。また、普通の勉強をするのが好きじゃなかったこともあり、高校は商業も学べる情報処理科に進みました。将来は自分のお店を持つのでは、と思っていましたね。

高校卒業後は、ケーキが好きだったこともあり、何となく大手製菓企業の「銀座コージーコーナー」に就職したいと思っていました。ところが、応募するには大卒以上の学歴が求められたので、渋々大学に進学することにしたんです。

ただ、大学は思っていた通り、あまり面白いとは感じられませんでした。しかし、先輩の知り合いがコージーコーナーでアルバイトをしていたので、赤坂にある店舗を紹介してもらえることになったんです。そして、僕もその店舗でアルバイトを始めることにしました。

「売る」だけでなく「作る」喜びを思い出す

シェアして応援