「普通の人生を歩めば良かった」の向こう側。
人を幸せにする競争を通じて目指すもの。

杉本 勝男さん/派遣型スキャン代行サービス運営

はてぶ

派遣型スキャン代行サービスを運営する杉本さん。なんとなく大学進学を考えていた高校3年生で抱いた危機感から、浪人時代に自らの人生について考え、IT分野での起業を決意。一度は事業撤退に終わりながらも、東京で再スタートを決めるに至った、「人を幸せにする競争」への思いとは?

起業の決意、「人を幸せにする競争」に参加しよう

私は愛知県西尾市に生まれました。中学高校と数学が好きで、答えが一つに定まることや、矛盾・例外がないことが考え方に合っていました。また、あまり世の中のことを知らない学生で、社会にはどんな仕事があるか知らなかったため、将来は数学の先生等の教師や、役所勤めの公務員になれたらいいなと考えていましたね。

そして、高校3年生を迎えると、合格した地元の私立大学になんとなく進学しようと考えていたのですが、ある時、ふと「このままでいいのか?」と考える瞬間があったんです。それまでとは異なり、大学を選ぶことはその先の仕事選びにも繋がっているのに、自分は世の中のことを知らないという危機感があったんですよね。もっとモラトリアム期間をくれと。

そこで、人生を考え直すため1年浪人することに決め、医学部進学を目指す予備校に通い始めました。とりあえず生きる上でお金はあった方がいいだろうという思いからの選択でしたが、すぐに「本当に医者でいいのか?」という疑問が浮かんでしまい、自分の人生について考えるようになっていきました。

そして、悶々と考え続けた結果出た答えは、「人生に意味は無い」というものでした。何かを成し遂げてもそうでなくても最後は骨になるし、もっと言えばいつか人類も宇宙も滅びる。歴史に残ることを目指しても、それはいつか無くなってしまうだろうと。そんな風に考え始めると、「じゃあ好きなことをやってやろう」と思うようになったんです。

また、経済的に豊かであることは人生を楽しむことにつながると思い、『フォーブス』の長者番付を見ていると、億万長者は皆、株で財を成していることに気づきました。そこで、自ら会社を立ち上げて企業価値を高めることができればよいのかと思い、時価総額ランキングを歴史に沿って数十年分調べていったんです。すると、時代に沿ってテーマが変遷し、その都度隆盛している業界分野があることや、逆にエネルギーや金融については、どんな時代も順位を落とさずにいることを知りました。

そんな背景から個人で株の勉強を始め、自ら投資もしてみたのですが、事業として行うにはイノベーションを起こす余地が少ないような感覚がありました。一方で変遷という意味ではITの業界が変化が早く、可能性がありそうだと感じたんです。

そして、自分で経済や社会について調べていく中で、資本主義の本質は「長期的に人を幸せにする競争」であり、不完全ではあるものの、非常に素敵な仕組みだと感じるようになっていきました。それは人生のルールにおいても同じで、人を幸せにできる奴が幸せになるという感覚もありました。

そんな風に浪人期間の1年間、受験勉強ではなく自分の人生について考えた結果、私はIT業界でベンチャー企業を立ち上げようと決めたんです。

23歳で起業、不安を抱えながらの孤独な挑戦

シェアして応援