1. >
  2. >

コスプレと電子決済で世界を平和に繋ぐ。
誇りを取り戻したLOVE JAPANの衝撃。

小栗 徳丸さん/世界コスプレサミット・電子決済普及事業運営

はてぶ

電子マネーの普及事業を行う会社を経営する傍ら、世界26カ国からコスプレイヤーを集めるイベント「世界コスプレサミット(WCS)」の運営を行う小栗さん。「ゲームもアニメも漫画も疎いけれど、コスプレには世界平和の可能性を感じている」と語る背景にはどんなキッカケがあったのか、お話を伺いました。

海外への憧れと劣等感、デザインの道へ

私は愛知県名古屋市に生まれ、小さい頃から洋楽や洋画を通じて、アメリカ文化に憧れを抱いて育ちました。仲間内でも同じようにアメリカへの憧れは強く、「将来はアメ車に乗るぞ!」なんて話をしていましたね。ただ、大好きな一方で、いわゆるジャパンバッシングの影響もあり、日本人全体が馬鹿にされているような劣等感も持っていました。

その後、中学を卒業してからはデザイン科のある工芸高校への進学を決めました。小学校の頃からずっと図工が好きで、真っ白なキャンバスに自分の色をのせる楽しさを感じていたんです。次第に「自分が生み出したもので世間の注目を集めたい」と考えるようになり、歌番組の舞台装置などを作ってみたいという思いから、デザイン科の中で一番校則のゆるい学校を選んだんです。

しかし、同じようにものづくりが集まることもあり、高校ではそこそこ優秀な成績でしたが、美術予備校となると、こいつには敵わないというやつもいましたね。それでも、目指すなら一番を獲りたいという思いもあり、卒業後は東京藝術大学への受験を決めました。ところが、現役・1浪目の受験で共に不合格。2浪はしたくないという思いから仕方なく専門学校への進学を決めました。同じ高校や予備校からは美大に進学する仲間もたくさんいたので、負け犬状態でしたね。ただ、正直大学に行くことが目的で、その先のビジョンが明確でなかったからこそ、そこに対しての反骨心も薄い状況でした。

そんな背景で専門学校に進学してからは、モヤモヤとした2年間を過ごしました。既にデザインに特化した授業を行う高校にいたため、授業は今までにやってきたことの繰り返しで、学ぶことはゼロだと感じてしまったんです。ひたすらバイトばかりして、「便利屋」といった仕事を含め、100種類以上のバイトをしていました。

ただ、何かを作ることは変わらずに好きだったことに加え、授業の中でも、地元の大手広告会社の制作本部長が教鞭をとった「広告概論」という講座だけ非常に関心があったんです。自分は作家向きではなくて、出来上がったものを人に伝える方に興味があることに気づき、セールスをデザインすることに関心を強めていきました。

そこで、専門を卒業後は、その先生からの「修行したほうがいい」というアドバイスのもと、紹介をいただいたランドマークプロダクツ株式会社というイベント制作会社に就職を決めました。

イベントを生み出す醍醐味