たくさん来た「恋愛相談」がキッカケでした。

堀内 大さん/恋愛コンテンツサービス運営

はてぶ

「世界中のあらゆる人々に対して、恋愛にフォーカスした癒しと元気を与えたい」という理念のもと、恋愛に特化したインターネットサービスを提供する堀内さん。女性向け恋愛ゲームや、占いサービスの企画・運営全般に携わっています。銀行やベンチャーキャピタルで数々の事業に触れながら、「これはやるべき事業だ」と感じた背景には、どんなエピソードがあったのでしょうか?

中小企業への思い入れ

学生時代は、中小企業を経営する父親の影響を受けて育ちました。
芸能事務所やTV局の下請けのような仕事だったので、小さい頃はよくドラマの台本を読んでいましたね。

面白そうだなと思いつつ、大変そうな仕事だというイメージがあったので、
自分も同じことをしようとは思わなかったですね。

大学生になってからは、友人の勧めでインターンを始めました。
インターン先は中小企業向けのコンサルで、産業調査の仕事をしていました。

もともとレポートを書くのが好きだったし、親の影響で中小企業への関心もあったので、
ちょうどいい仕事だと思ったんですよね。
所属していた軽音サークルを辞めて、授業も出ずにインターンをしていました。

その会社はマーケティング支援が強い会社だったのですが、
企業から来る相談のほとんどは、お金に関することでした。

「中小企業はお金に困っているんだな」

という思いを漠然と感じるようになりましたね。

そういった思い入れから、就職活動でも銀行で働こうと思うようになったんです。
やっぱり、「中小企業を知るなら銀行だ」という思いはありました。

実際に銀行で働き始めてみて、「入ってよかった」と感じたんです。
以前身を以て感じた中小企業の資金繰りに、自分の仕事で貢献できるのは、
とてもやりがいがありましたね。

自ら事業を創りだす経験

シェアして応援