現在は、2店舗目のお店は売却して、武蔵新城の1店舗を経営しながら、個人的には「旅する美容師」として、1年の半分以上は海外に行っています。

海外では、カンボジアで美容の専門学校を立ち上げるために活動をしていて、カットを教えて講師を育てたり、ファッションショーを開いたりしながら、2014年にはNPO法人として国際美容ボランティア協会を立ち上げました。

途上国では美容師はまるで乞食のような扱いを受ける職業で、個人的にそれが納得いかないんです。教育システムを作り、国家資格も作って、美容師を輝ける職業にしたいと考えています。日本の教育水準は世界的に見ても高いので、日本に来て技術を学べるような仕組みも作っています。

カットを教えた人の中で、1人美容師として独立した人がいて、2015年8月には自分のお店を持つ予定です。今後はカンボジアだけでなくシンガポールなど様々な国に拠点を起きつつ、美容専門学校を実現できたらと思います。そして、世界中で美容の価値を向上していきたいです。

また、日本でも美容師としてもっと幸せになる方法があると思っていて、私自身そんな働き方を体現していきたいと思っています。固定の美容室で働き続けるのではなく、「ノマド美容師」として旅しながら働くのもその1つですし、他にも色々なスタイルがあると思うんです。今後は「美容する部屋」「美容師が集まれる場作り」みたいな概念も作り出していきたいですね。

そして、こんな働き方もあるんだと知ってもらい、幸せに働ける美容師を増やしていきたいです。この美容師という職業に導いてくれた両親、先輩に感謝しています。