アジア各国と日本を貿易で繋ぐ。
日々挑戦し続ける、自分の生き方。

佐藤 秀太さん/日本とアジア各国との貿易事業

はてぶ

メイドインジャパン商品を海外に輸出、海外の新商品を日本に輸入する会社を経営、インドネシア法人にも所属している佐藤さん。商社での安泰な道がありながらも、常に新しいことに挑戦したいという考えから25歳で独立。そこに至るまでにはどんな背景があったのか。お話を伺いました。

毎日が刺激的だったオーストラリアでの1ヶ月

私は神奈川県で生まれ育ちました。父は建設会社の経営、祖母は居酒屋の経営をしていました。そのため、よく職場に遊びに行っていたので大人に囲まれていることが多く、人懐っこく誰とでも仲良くできる性格に育っていきました。また、父親がとても怖かったので、他の人やものごとに怖いと思うことはありませんでしたね。(笑)

将来は父の会社を継ぐのだろうと漠然と思っていましたが、高校生位になると「父とは別の何か」に挑戦したいと考えるようになったんです。とは言っても、具体的なものは考えていなくて、街でスカウトされてモデルをしたり、居酒屋でアルバイトをしたり、自由に過ごしていて勉強はあまりしていませんでした。

ただ、その中でも英語は好きでした。と言うより、会話が好きだったので、英語だけは苦ではなかったんです。そこで、高校1年生の夏休みに、1ヶ月ほどオーストラリアにホームステイに行くことにしました。

実際に現地につくと、英語が全く通じなかったので、だいぶ落ち込みましたね。もう少し話が通じると思っていたのですが、自分が話していたのは英語ではなかったんだと。しかし、それでも毎日が刺激的で楽しかったんです。会話も頑張って伝えようとすれば相手も理解しようと努力してくれるし、「本当に土足で家に上がるんだ」と驚きがあったり、バスや地下鉄の乗り方すら分からない状態に、毎日苦戦しつつも、ワクワクしていました。

そして、高校卒業後も英語の専門学校に進むことにしました。相変わらず得意なわけではありませんでしたが、英語ができたらもっと多くの人と話せると思ったんです。

電設資材の総合商社で、営業の基礎を学ぶ

シェアして応援