僕は埼玉県さいたま市に生まれ育ちました。父がずっと野球をしていたこともあり、物心ついた頃から家にはバットとグローブがあり、小学校から野球を始め、中学からは野球部に入って本格的に練習を始めました。父はプロでこそないものの、都市対抗選手権に出場するような選手だったこともあり小さい頃からスパルタの練習を受けており(笑)、半分野球が嫌いでしたが、中学に入ってからは楽しさを見いだしてからはのめり込んでいきました。

ただ、父のように完全に野球一筋になることには違和感もあったため、
中学を卒業してからは文武両道の私立校に進学し、野球だけでなく、ある程度勉強も打ち込もうと考えていました。

ところが、そんな風に「高校野球を楽しみたい」という気持ちで部活に入ったのに、僕たちの代から監督が変わり、元プロ選手の指導を受けることになったんです。最初は「あ、終わったな」と思いましたね。(笑)それでも、一つの縁だろうと、そのまま野球を続けることにしました。

それからは、生活環境が720°くらい変わりました。「野球というのは人格形成そのものだ」という哲学を持つ監督だったため、野球に取り組む姿勢はもちろんのこと、授業に向かう姿勢もとても厳しく、グラウンドにボールが落ちていたらその個数分校庭を走り、授業中に寝ていることがあろうことなら、その日はとんでもないことになる...という毎日でした。

そんな生活を通じて、とにかく自分のダメな部分と向き合う日々を過ごし、トレーニングや食生活を変えた結果、80キロ・体脂肪率3%という体型になり、個人的には終盤で怪我をしてしまったものの、チームは1・2回戦敗退だったのが県でベスト16まで躍進し、辛い日々でしたが、監督には本当に感謝の気持ちで一杯でした。

その後、高校を卒業後は仲の良い部活の先輩が早稲田大学に進学し「お前も早稲田に来い」と言われたこともあり、浪人してなんとなく早稲田を目指すようになりました。

また、中学の頃に恩師から受けた言葉をキッカケに、将来は学校の先生になりたいという思いを抱いていたんです。中学の英語の先生から、「お前は周りを盛り上げたりまとめたりできるから、先生に向いている」と言っていただいて、自分自身意識をするようになったんですよね。

元々、勉強が苦手な友人にマンツーマンで勉強を教えたり、野球部のチームメイトのバッティング練習に付き合ったり、「誰かが何かをできること」に貢献できることに、すごくやりがいを感じていたことも一つのきっかけでした。

しかし、大学を卒業して、社会を知らぬまま先生になるのは嫌だったので、広く社会を知ることができるようなイメージのあった経済学部を目指すことにしました。