大切な想いをラブレターに乗せて伝える。
「やりがい」という言葉でごまかさない人生を。

小林 慎太郎さん/想いを「伝える」ためのお手伝い

はてぶ

現在、IT企業で勤めながら、個人でも想いを「伝える」ことを軸としたサービスを提供する「デンシンワークス」を運営する小林さん。35歳にして「人生の終着点」を意識した時に一体何を感じたのか?ITエンジニア、MBA、人事と様々なキャリアを経てきた小林さんにお話を伺いました。

仕事は基本的には苦しいもの

私は東京で生まれました。極端な性格で、興味を持つものとそうでないものがはっきりとしていて、小学5年生の時に父から夏目漱石の『こころ』を勧められてからは読書が好きになりました。古本屋めぐりをするようになり、小学生ながら1人で神保町の古本屋を回っていました。

学校では運動も勉強もバランスよくそれなりにできる方で、高校は進学校に進み、立教大学に進学しました。大学ではスキーサークルに入り、テレビ局でアルバイトする生活を過ごし、卒業後はITであれば職に困ることはないだろうと、システムインテグレーターの企業に入社しました。将来やりたいことなんて考えていなく、なんとなく周りと同じように過ごしていたんです。

また、仕事は楽しいものではなく基本的には苦しいもので、生活するのに必要な作業だと考えていました。プログラマーとして働き始めてからも、基本的には上司に言われたことをするだけの日々でした。

とは言え、仕事内容としてはコードを書くよりも設計に近いことをしたいと考え、3年程でWEB制作を専門で行う会社に転職して、システムの全体設計や要件定義をする仕事に就きました。

その後、3年ほど働くと、今度は事業会社で働きたいと考えるようになりました。制作会社だと依頼主からの要望を形にするだけの作業になってしまうので、より自分たちの意志を持てる仕事をしたいと思っていたんです。そして、結婚式場を運営する会社に転職し、WEBディレクターとして働くことにしました。

「伝える」ことができない、大きな挫折

シェアして応援