日本にバーベキュー文化を根付かせたい!
肉を食べるのではなく、社交するための場。

下城 民夫さん/日本にバーベキュー文化を根付かせる

はてぶ

日本バーベキュー協会の会長として、日本にバーベキュー文化を根付かせる活動を行う下城さん。海外と日本のバーベキュー文化の違いとは?イベント会社、大手広告代理店に勤め、アウトドア専門事業で独立した下城さんが感じる、バーベキューの可能性とは?お話を伺いました。

小さな頃からアウトドアに触れて育つ

私は兵庫県で生まれました。
父親の趣味が野鳥狩りだったので、小さい頃から山奥に連れて行かれることが多く、自然を身近に感じながら育ちました。

小学生になると「芦屋市立少年団」というボーイスカウトと似たような組織に入ることにしました。
入団式で、団長である市長が「君たちは、これから同じ釜の飯を食べる仲間なんだ」と訓示していたのが印象的でしたね。
飯盒炊爨(はんごうすいさん)をしたり、手旗やロープワーク、火起こしなどの技術を学んでいきましたが、
根本的には、みんなと一緒に生活しながら仲間になることを学んだのです。

ただ、少年団は小学校卒業と同時に退団し、
中学、高校、大学ではアウトドアは趣味では続けるものの、仕事になるとは思っていませんでした。
将来は、テレビの旅番組のリポーターのように色々な国に行き、様々な人と出会って現地の食べ物を食べる、そんな生活に憧れていたのです。

大学時代はキャラクターショーのアルバイトをしていて、きぐるみに入って殺陣を行っていて、
これが面白かったので仲間と一緒に劇団を作り、孤児院などを回って公演をするようになりました。

そして大学卒業後、周りの友達は役者としての道に進む中、私は運営に興味があったため、
アルバイト先の繋がりでイベントを企画する会社に入社することにしました。

自分で判断する仕事をするため、独立へ

シェアして応援