1. >
  2. >

10年毎に家を買い替える世の中に!?
住まいの選択を、もっと自由にするための挑戦。

針山 昌幸さん/ユーザー同士の不動産売買プラットフォーム運営

はてぶ

2015年2月に、ユーザー同士が直接マンション売買をすることを可能とするWEBプラットフォームの運営を開始した針山さん。不動産業界の構造を変える大きな挑戦の背景には、 「人は一人一人違うのだから、住まいももっと違っていい」というご自身の経験に基づいた思いがありました。

受験失敗と「仕事」との出会い

私は東京都目黒区に生まれました。
小さい頃から負けず嫌いの性格で、あまりスポーツが得意でなかったこともあり、
何だったら上にいけるか考えた結果、勉強に力を入れ、所謂ガリ勉タイプになっていきました。

また、父が鉄道会社に務めており、その社宅に住んでいたのですが、
「周りと同じ」を嫌うような子どもだったこともあり、
団地で、同じ棟がいっぱいあるような家は、正直好きではありませんでした。

しかし、小学校4年になると、家族で一戸建ての中古物件を買い、引っ越すことになったんです。
他の家とは違う環境に、「これが本当の家だな」と感動し、
飛び跳ねても怒られない環境に変わったことに、暮らしが豊かになったような感覚がありました。

その後、中学・高校と勉強に打ち込み、
将来は官僚か、上場企業のエリートサラリーマンになりたいな、
と漠然と考えるような学生でした。
そこで、大学受験では東京大学の文化二類を志望したのですが、
100%受かると思っていた受験で不合格になってしまったんです。
結局、後期試験で合格した一橋大学に進学することになったのですが、
一極集中で勉強をしてきて、かなり自信があったからこそ、本当にへこみました。
まるで、これまで勉強してきた自分の人格を、丸ごと否定されたような気がしたんです。

そんな背景もあり、入学後1ヶ月ほどはモヤモヤ過ごし、
その後は、気持ちを切り替え、ずっと勉強してきたので、大学ではとにかく遊ぶことにしました。
そして、大学生が思いつく遊びに打ち込むこと1年間、
楽しさと同時に、なんだか虚無感を感じるようになりました。
大げさな話、「これが人生の醍醐味なら、人生はつまらないな」と思ってしまったんです。

しかし、そんな折、大学のバスケサークルの先輩で、毎日すごく楽しそうにしている方がいたので、
「どうしたらそんなに楽しいんですか?」と聞いてみると、
ベンチャー企業でインターンをしているという話を伺いました。

「インターン」という言葉すら聞いたことがありませんでしたが、
仕事ってそんなに楽しいんだ、と強く感銘を受け、
実際に自分でもインターンをしてみようと考えるようになりました。

そこで、色々な本を読んだ結果、まずは営業を極めようと思い、
大学2年生のタイミングで、人材系のベンチャー企業で営業のインターンを始めました。

自らインターンを体験してみて感じたのは、「仕事ってめっちゃ面白い」ということでした。
特に、ものすごく高いハードルに挑戦できることに、強いやりがいを感じたんです。
例えば、最初は全く成果が出ず、飛び込み営業での門前払いや、時に罵声を浴びることもあったのですが、
それすら新鮮で、中々正解の見つからないゲームに出会ったような感覚でした。

気づけば、昔の勉強のように、久しぶりに打ち込めるものを見つけて、
なんだか目の前が明るくなったような気がしました。

営業力をつけるために、不動産ベンチャーへ