日本に帰って来てからは 、スポーツ系のシンクタンクで働くことになりました。
初任給は6万円からスタートでしたが、お金より好きなことをやりたいという思いが強く、
スポーツ業界に入るための求人サイトやイベントの立ち上げなど、色々と裁量を持って仕事をさせてもらいました。

ところが、色々挑戦させてもらう中で、自分の力不足を痛感したんです。
スポーツを好きな気持ちはあるものの、好きだけじゃうまくいかなかったんですよ。
立ち上げたイベントの失敗も重なり、まずは力をつけなければと思い、
成長を求めて人材業界に転職することに決めました。

転職してからは、自分のスキルアップのため、泥臭く働きました。
今でこそ環境は変わっていますが、月曜日会社に行って、金曜日まで帰らないこともよくありましたね。
ところが、入社直後にリーマンショックが起こったんです。

自分の周りにも影響はありました。
同僚や部下で、働くモチベーションに悩む人や、後ろ向きに辞めていく人が増えたんですよね。

なんだか、働くって大変だなって思いました。

出世はあまり興味がなかったのですが、自分の力をつけるためにモチベーション高く働いていた私にとって、
周りの人がモヤモヤしているのが、すごくもったいなく感じたんですよね。
もっと前向きな、新しいチャレンジが生まれるようになればいいのに、と思ったんです。

そのためにも、もっと個々人にあった働き方をすることが大事なんじゃないかと感じたんですよね。

そこで、何か新しいチャレンジを応援するようなwebサービスを作れないかと考えました。
ところが、リーマンショック後ということもあり、会社はすぐに利益になるかもわからないことはやりずらい。
それなら、自らが新しいチャレンジを外でしてみようと。
元々フリーランスとして働いてみたいという気持ちもあったので、独立して自分でやることに決めました。