小さい頃から、友達と遊ぶのが苦手でした。
恥ずかしがり屋で、授業の音読などはもちろん、
将来、結婚式を開いたら、自分が注目されて嫌だな、と思うほどでした。

一人でいる事が好きだったので、学校のチャイムがなると誰にも話しかけられないように、走って家に帰りました。
小学生特有のいじめなどがあったことも原因だったのかもしれません。

ところが、そんな過去が嘘だったかのように小学校高学年、中学校と進むに連れて人付き合いが活発になっていきました。
仲の良い友達ができ、自然と人といるのが楽しいと思うようになり、
中学からは、むしろやんちゃでおしゃべりな方でした。

高校では軽音楽部に入り、人前で歌うまでになりました。
目立つことへの関心も芽生え始めていましたね。

いわゆるスクールカーストが大分変わったんですよね。