私は京都で生まれ育ちました。

小さい頃から絵が好きで、将来漫画家になりたいという気持ちがあり、
デザインが学べる大学に進学しました。

そして19歳の頃、人生で初めて彼氏ができたんです。

心の底から本当に好きな人ができて毎日がすごく幸せで、
これまで愛の形は親の姿が全てでしたが、
「人を愛するってこんなに素敵なことなんだ!」と身をもって実感することができました。
また、好きな人に振り向いてもらえるためなら何でも頑張ることができて、
恋愛のパワーってすごいと思っていました。

恋愛体質で、恋愛の話が好きだったのでいつも友達に話していたのですが、
友達はもう聞きたくないといった感じになってしまったので、
恋愛が好きであると周囲に話すのは、抑えるようになっていきました。

そして就職活動の時期になり将来を考えた時、
学んだことを活かしてイラストレーターになる選択肢もありましたが、
自分はアーティストタイプで人に評価されるのは性に合わないと感じ、
一般企業に就職しようと思ったんです。

しかし、就職難だったため正社員として就職することはできず、
京都へ戻り、契約社員としてOLをすることになりました。

OLとして働いていた20代の頃は、その時楽しければ良いという考え方で、
お給料で好きな物を買うことや、彼氏とのデート、友達とのご飯など、
自分の好きなことにお金を費やし、毎日なんとなく生きていました。