福島県の田舎で育ちました。
小さい頃からリーダーシップを発揮するのが好きな子どもで、
例えば小学校の時に、友人たちとサッカーをやろうという場面では、
集合時間や場所を決めたり、「ゴールはここに置いて、このルールでやろう」などと、みんなの中心に立って行動していました。
誰かについていくというのはなぜか嫌で、何でも自分で決めてやっていきたいという思いが、いつもありましたね。

しかし、小学校6年生の時にいじめに遭ってからは、それまでに比べ、かなり周囲に気を遣うようになり、
中学や高校でも、クラスを引っ張っていくというような存在ではなくなりました。

それでも、相変わらず、何かあると誘われるという立場の人間ではなく、誘う側であるということは変わりませんでしたね。

そして大学は、兄が東京にいたことと、都会への憧れの気持ちもあり、東京の大学に進学することにしました。
入学後は、バイト先の先輩の紹介でバレーボールサークルに2年生から入れてもらい、
ここでも周りから自分がどう思われているのか気にして、嫌われないようにしていましたね。
一方、大学のクラスの仲間内では、卒業旅行を企画するなど、やはり自分から誘うという姿勢は変わりませんでした。