1. >
  2. >

「草の根的な活動がもっと重要になる」
公務員の僕がNPOを立ち上げた理由

柚木 理雄さん/「あったらいいな」を想像して創造するNPO代表

はてぶ

公務員としてたくさんの人の生活を支える仕事をする一方で、草の根的な活動を地道に行う非営利団体に「ヒト・場・カネ」といったリソースを提供する、ユニークなプロジェクトや、NGOと隙き間時間でボランティアをしたい人をつなげるボランティア募集サイト:Collavolというサービスを行う柚木さん。その背景にある考えを伺ってきました。

日本の教育に合わず、将来は世界に出たかった

もともと出身は兵庫県なんですが、6歳の時にブラジルに引っ越し、ブラジルの小学校に入学しました。その学校は非常に人数が少なく、同い年の人は1人もいないため、入学式は私1人というなかなかシュールな体験もしました。

人数は少なかったものの、ブラジルでは個々人の得意なことにはどんどんチャレンジできるため、小学生でも大学入試の国語の問題をやらせてもらったりと、すごく刺激的な毎日を送っていました。

ただ、小学4年生になって日本に帰国することになったのですが、誰でも得意・不得意があるのにそこでは学年や年齢に応じてやっていい範囲が決まっていて、自分には全く合わず、小中高と毎日の学校生活を楽しめなくなったんです。

他の子よりも飛び出さないように、身を守るためには、「日本では学校で答えが分かっていても手をあげてはいけないんだよ」と妹に言っていました。

また、何かをやるときに決まった通りにやらないといけない、自分で考えてやってはいけないというのも印象的でした。アメリカ帰りの子がいて、その子が描画会で絵を描く時間に、下書きをせずに直接絵の具で描いたら先生が激怒していたんですね。絵を描く時には下書きをしないといけないなんて決まりもないのに。

そんな反発心からでしょうか、将来は海外で働きたい、海外に住みたいとずっと思っていましたね。

シェアハウスやゲストハウスでの生活で、“場”の魅力に気づきました