SASUKEのために、部活に入りませんでした。
「終わらない夢」を本気で追って見えたもの。

又地 諒さん/配管工

はてぶ

【7月3日放送 TBSテレビ『SASUKE 2014』特集】 TBSテレビ「SASUKE 2014」の放映までの1週間、another life.にて出場選手7名の人生にフォーカスした特集企画を実施します!  小学生の頃から、「SASUKEに出場し、完全制覇すること」が夢だったと話す又地さん。配管工として働く傍ら、SASUKEの完全制覇に向け、日々トレーニングを行っています。幼い頃に掲げた夢を追いかける中で、いったい何を見て何を感じたのか。「SASUKE」に捧げた半生についてお話を伺いました。

SASUKEへの強烈な憧れ

小学5年生でSASUKEに出会ってから、僕の中では憧れの存在でした。元々体を動かすことは好きだったものの、特にスポーツの経験はなかったのですが、たまたまTVで見たSASUKEに衝撃を受けたんです。正直、具体的に何に惹かれたかはわかりませんが、とにかく「カッコいい!」と感じたんですよね。

それ以来、夢は「SASUKEに出場し、完全制覇すること」になりました。中学に入っても志は変わらず、「SASUKEのトレーニングのために部活には入らない」と決め、学校が終わった後に、友達に付き合ってもらって、公園などで見よう見まねでSASUKEの練習をしていました。

とにかくSASUKEが大好きで、それ以外のことは考えていなかったんですよね。おかげで周りの人達には相当なSASUKEバカだということが浸透していて、あだ名が「SASUKE」になったこともありました。(笑)

とはいえ、部活に入らないと暇ではありましたね。同じようにSASUKEに熱中している友達がいる訳でもなく、なんとなく孤独な感覚はありました。そして、中学卒業後は、勉強があまり好きでないこともあり、高校には行かず、働くことに決めました。

「部活」のような場所

シェアして応援