北海道「出身」でなく「在住」!
「お留守番タレント」に込めた想い。

脇田 唯さん/北海道の“お留守番”タレント

はてぶ

Photo by AKIRA INOUE 「お留守番タレント」として、地元北海道を拠点に演劇や司会、モデル等の表現活動を行う脇田さん。大学卒業後、一度は就職して働きながらも、タレントとして活動しようと決心した背景にはどんな背景があったのでしょうか?

「主役をやってみないか?」

一人っ子で引っ込み思案な子どもでした。
親がよく本を与えてくれたこともあり、小説家に憧れを抱くようなおとなしい性格で、
学校の発表会等でも裏方に逃げるようなタイプでしたね。

ところが、小学5年生の時の学習発表会の時、主役オーディションの参加者を募る場で、
たくさんの人が応募しているのにもかかわらず、
担任の先生から

「主役をやってみないか?」

と言われたんです。
もちろん、お芝居は恥ずかしいから無理、と断ったのですが、

「向いているからやってみろ」

という一点張りで、結局オーディションを受け、主役を務めることになったんです。

そんな経緯だったので最初は不安だったものの、
稽古をするうちに、自分の台詞の言い方次第で周りの雰囲気が変わることに面白さを感じ、
段々お芝居にハマっていったんですよね。

本が好きだったので、文章を書くことも好きだったのですが、
文章を構成する感覚に似たイメージを持ちました。

そうやって段々表現をすることが好きになっていき、
中学ではボランティア部で子どもに絵本の読み聞かせをしたり、学校新聞を作ったり、
高校では、念願の演劇部に入り、どんどんのめり込んでいきました。
他の何よりも演劇を大切にしていて、受験ぎりぎりまで演劇漬けの日々でしたね。

私にぴったりの仕事

シェアして応援