若い世代の道しるべになりたい。
「SASUKE」皆勤賞で経た栄光と苦悩。

山本 進悟さん/自動車整備工場勤務

はてぶ

【7月3日放送 TBSテレビ『SASUKE 2014』特集】 TBSテレビ「SASUKE 2014」の放映までの1週間、another life.にて出場選手7名の人生にフォーカスした特集企画を実施します!  自動車整備工場で働きながら、SASUKE唯一の皆勤賞である山本さん。自分自身の夢を追う傍ら、若い世代の道しるべとして、仕事等を通じて自らの経験を伝えています。「良いことも悪いことも、人の経験できないことをした」と話す背景には、いったいどんなエピソードがあったのでしょうか?

陸上素人から都大会入賞に

小さい頃から足が速く、ジャンプ力もあり、中学では陸上をやりたいなと思っていました。ところが、入った学校に陸上部がなかったんですよね。

結局、顧問から説得されてバスケ部に入ることになったのですが、中学3年の時区の陸上大会があって、それに参加出来ることになったんです。他の学校は陸上部ばかりの中、うちの学校は素人チームでの出場でした。

そんな中、出場した幅跳びの種目で、優勝してしまったんです。そのまま都大会に進むことになり、なんとそこでも3位に入賞したんですよ。

これは自分にとって一つの転機でした。まるで何でもうまくいくような気がしていましたね。この大会で、私立高校からオファーをもらい、高校も推薦で進学することになりました。

進学した高校の陸上部は関東でも上位だったのですが、上下関係がかなり厳しい上にやんちゃな人が多く、ビーバップハイスクールみたいな学校でした。(笑)

先輩の影が見えただけでも頭を下げるような文化で、小中学校は卒業したときに泣いたのに、高校の卒業式では、「やっとこの生活が終わった」という釈放されるような感覚でしたね。

高校時代は幅跳びと短距離をやっており、そのままオリンピックの強化選手になろうと考えていました。しかし、卒業が近づくと、妙に冷静に考えてしまい、お金を稼げるか不安に感じるようになったんです。

もともと、行き当たりばったりは無理な性格だったこともあり、色々と考えた結果、小さい頃から好きだった車に関わる仕事をしようと、整備士の専門学校に通うことに決めました。

SASUKEとの出会い

シェアして応援