大学に入ると、生活費を稼ぐため居酒屋チェーンでアルバイトするようになりました。オープニングスタッフなので、上下関係がなくスタートラインが一緒でいいなと思ったのが、バイトを選んだ理由でした。

月の売上目標を管理して、最終的に20人ほどのスタッフがいる店舗のマネジメントまで任されました。一人一人がアイディアを出し合って協力した結果、売上目標を達成。皆で喜びを分かち合った経験から、改めて、チームで頑張ることや、人と関わることは楽しいなと実感しました。

お店を任されるうちに、仕入れる食材が旬や天候によって変わるなと気がつきました。それは、食材の味や栄養価などが時期によって変わるからでした。それまで、食に対する興味がなく、料理も全くしなかったのですが、知れば知るほど、時期によって変わる旬の食材や美味しい食べ方に興味を持つようになりました。

自分の知ってる知識を周りの友人たちにも教えてあげたいと思うようになりましたね。卒業後は飲食業界で働きたいという気持ちが強くなりました。