宮城県仙台市で生まれ育ちました。両親は寿司屋を営んでいて、一緒に過ごす時間は長くありませんでした。しかし、あまり寂しさを感じることはなかったですね。程よい距離感を保ちながら僕を信じてくれているのを、暗黙のうちに感じていました。勉強よりも遊びを優先する学生時代でしたが、親を悲しませることはしたくないという想いがありました。

高校1年の夏休みに、姉からクラブに誘われました。狭いクラブハウスに入っていくと、そこには、今まで見たことない世界が広がっていました。密集する人々、曲がかかるたび上がる大きな声。熱気。衝撃的でした。

すべてが大人っぽく、かっこよく見える中でも、DJにくぎ付けになりました。DJがかける音楽によって、客が反応し、場の雰囲気ができていく。人前に出て目立っているラッパーやダンサーよりも、裏で音楽をあやつって空間を作っている姿がかっこよく見えたのです。そのDJが流していたヒップホップにも惹かれましたね。「自分もDJをやりたい」という衝動が抑えられなくなりました。

そこで、すぐに部活をやめて、DJに必要な機材を揃えました。学校が終わったら毎日レコードを買いに行って、夜はクラブに行くという生活が始まりました。高校3年になると、自分で音楽を作ってレギュラーDJを務めるようになりました。

将来は音楽で生きていこうと本気で思っていました。そのため、まずはヒップホップの本場・アメリカに行って音楽を学ぶとともに、自分のつくった音楽を世界的なラッパーに使ってもらおうと考えました。

高校3年生のときアメリカに留学しようと決めて、先生に話すと「その成績で留学なんて行けるわけがない」と言われました。

それでも、留学を諦める気は全くありませんでした。偉い人の推薦状をもらえば入学できるのではと考え、アメリカ在住の叔父叔母に、建前として「アメリカの大学で勉強したい」と話し、アメリカの短期大学の学長と会う機会を作ってもらいました。「すみません。推薦状書いてください!」とお願いすると、学長は快く応じてくれて。推薦状を手に入れることができました。

それに加えて、実家の寿司屋の常連だった国立大学の教授からも推薦状をもらい、2つの推薦状とできの悪い成績表を元にビザを申請しました。結果はOK。高校の先生も驚いていましたね。晴れて、アメリカへ留学できることになりました。