世界一の生態系を作る!
自分にとっての「不惑」は「ベンチャー」でした。

磯崎 哲也さん/ベンチャーキャピタリスト

はてぶ

「世界一の米国に並ぶベンチャーの生態系を作りたい」と話し、独立系ベンチャーキャピタルを運営する磯崎さん。シンクタンクに公認会計士、新規事業にベンチャー経営と、様々な領域に触れながら、自身の使命を見いだした背景には、いったいどのような思いがあったのでしょうか?

度々訪れた「天の啓示」

理系の職業に就く親戚が多かったせいか、小中学生の頃から物理の本などを読むのが好きでした。

高校では理系クラスに所属し、お小遣いでも科学の本を買い、理系以外の道を考えたことはありませんでした。
核融合とか「ワープ航法」(笑)など、物理で人類のフェーズが変わるような貢献をしたいなと、考えていましたね。

ところが、ハンドボール部を3年の夏までやっていて、ろくに勉強していなかったら、
志望していた理系の学部には全部落ちてしまいまして、結局、合格したのは、
「英数国なので理系でも受験しやすい」と友達のお母さんに勧められた経済学科だけだったんです。

それまで経済学科に進むということは考えたこともなかったんですが、
よく考えてみると、世の中や経済がどう動いているかというのは、今まで考えたこともなかったな、と。
経済学というのは数学も使うのでなんか面白そうだし、
「これは『経済をやれ』という、天の啓示なんじゃないか」と思ったんです。(笑)

親から「浪人させる金は無い」と言われたこともあったので、私は経済学科に入学することに決めました。

いざ入学したわけですが、他の人は要領よく「優」が取れる楽勝科目ばかり取っていたのに、
私は、はりきって難しい科目ばかり取ったものだから、全出席していたにもかかわらず成績はさっぱりで。

全出席する気力も失せたので、2年生からはアルバイトにも注力することに切り替えまして、
建設現場から、大型コンピューターのプログラミングまで、色々なところで働きました。

そんな日々を過ごしながら大学4年になり、夏休みもバイト先のガソリンスタンドに入り浸っていたら、
秋に大学に行ってみると、もうみんな就職が決まっていたんです。

「え、だってまだ3月じゃないじゃん?」
という感じでした。就活の時期すら知らなかったんですよね。

これはヤバいと思って、人材会社から送られて来たリクルート用の資料を見ていたら、
ちょうど新卒一期生でコンサルタントや研究員を募集しているシンクタンクのチラシが目に止まり、
その会社を受けることに決めました。「シンクタンク」というものが存在するということも、その時初めて知りました。

結局そのまま内定をもらうことができたので、これも「天の啓示」だと思い、入社することに決めたんです。

公認会計士から新規事業、独立へ

シェアして応援