福岡県福岡市で生まれました。放任主義な母で、自分がやったことには自分で責任を持つように言われて育ちました。性格は活発で、鉄棒などをして外で遊ぶことが多かったです。しかし体が小さく、そのせいか、いじめられることもありました。

小学校1年生の頃、学校でいじめられて、泣いて家に帰ることが何度もありました。それを見た母から、「泣くならやりかえしてこい」と言われました。しかしやりかえすにも、今の自分では体が弱いから無理だと思い、強くなりたいと、母に相談しました。そしたら母が、知り合いを伝って格闘技の教室に通わせてくれました。

柔道、少林寺拳法と習いましたが、どちらも相手の動きに合わせて技を出すスタイルで、もっと自分から、ガツガツいきたいと思っていた私は、好きになれませんでした。そこで柔道教室はやめ、次の教室に入りました。しかし、そこの少林寺も受け身主体の戦い方で、私には合いませんでした。その後、小学校2年生になって、空手を体験したところ、相手に対して自ら攻めていく感覚が好きで、空手を始めることにしました。

空手は楽しくて仕方なかったですね。練習はきつかったですが、精神的にも体力的にも鍛えられ、強くなっていることを実感できることが楽しくて、どんどんはまっていきましたね。

格闘技に夢中になって、テレビや映画でもアクションものを観るようになりました。そんな中、とあるアクション映画に主演している女優をかっこいいと思い、憧れました。ただ見た目がかっこよかったというより、蹴り技などの所作の一つ一つに、積み重ねてきた鍛錬とストイックさを感じ、かっこいいと思ったのです。

直接会ったわけではないし、普段どんな練習をしているのかは知らないですが、彼女のように、ストイックに自分の理想を追求できるかっこいい女性になりたいと思うようになりました。

ますます空手に打ち込み、迎えた小学校6年生の最後の空手の大会。絶対に優勝して日本一になってやると、気合い十分で迎えましたが、結果は全国3位。悔しかったですね。表彰されている時も悔し泣きしていました。