大学の勉強は、自分が知りたいことを学べるので面白かったです。3年で単位を取り終えて、4年生のときには交換留学でアメリカに行きました。

将来は、英語を教える仕事をしたいと思っていましたね。私自身、英語が苦手で苦労したからこそ、分からない人の気持を理解しながら教えられると思ったんです。そこで、英語を教えるためのTESOLという資格を取るため、大学卒業後さらに1年間、アメリカの大学で勉強することにしました。

留学生としてではなく、現地の学生と同じ立場で授業に参加するのは大変でした。英語ができるようになったと思っていたのに、いざディスカッションになると、アメリカの学生のようには発言できません。留学生活は、毎日が英語の訓練のような感覚でしたね。

次第に、英語を教える仕事に就くことに限界を感じ始めました。母国語ではないので、高レベルの英語を教えるのは難しかったんです。

そこで、英語ではなく日本語を教える人間になることにしました。言語を教えるスキルはある程度持っていたので、母国語である日本語なら、高いレベルのことまで教えられるのではないかと考えたんです。進路を変更して、日本語教育を学べるアメリカの大学院に進学しました。

私が入った大学院では、大学院生が学部生の日本語授業を担当しました。そのため、朝は先生として学部生に日本語を教え、午後は大学院で日本語教育を勉強するような生活でした。

母国語といえど、日本語を教えるのは大変でした。英語は外国語として学んできたので、答えに行きつくプロセスが分かります。だけど、日本語は体系的に学んだ経験がなく、答えは分かっても、そこにたどり着く思考プロセスが分からなくて、質問されてもうまく説明できないんです。

答えは知ってるのに「どうして?」と聞かれると分からない。そんなもどかしい気持ちでした。だから、生徒から質問されるたびに、私自身、日本語を一から勉強するような気持ちでしたね。その分、自分なりに解明して説明したことで、生徒が理解してくれたときはめちゃくちゃ爽快感がありました。毎日楽しくて、ずっと日本語を教えていきたいと思いました。